クリップスタジオ

【デジタルイラスト】レイヤーとは?サランラップみたいなものです。【解説】

デジタルイラストを始めたけど、何がなんだかわからない。
レイヤーというものがあるみたいだけど、何かわからない。

というあなたへ解説します。



こんにちは、ゆうりです。

本記事では、デジタルイラストを描く上で必ず使用する、
レイヤーの意味と仕組みついて解説します。

初めてイラストソフトを使う、という方へ向けた解説です。

先にざっくりと結論を言いますと

デジタルイラストは、絵を描いたサランラップ(レイヤー)を何枚も重ねてできている。

というイメージです。



ちなみに私はイラスト歴1年の初心者です。

 

趣味のレベルですが、ツイッターでイイネが200以上貰えるほどに
上達しました。

 

 

 

とはいえ、

 

始めた当初はレイヤーの仕組みすらなかなか理解できなくて、
イラストソフトの扱いに苦労しました。

 

そこで、

 

この記事を見ているあなたには同じ苦労をしてほしくないので、
できるだけ丁寧に解説したいと思います。

 

使用ソフトはクリップスタジオペイントです。

 

 

1.用紙の新規作成

まずは、クリップスタジオペイントを開きます。

 

そして、左上の「ファイル」から「新規(N)」をクリック

 

すると新規用紙の設定画面が表示されます。

 


ここで、各設定の意味とオススメの設定を伝えておきます。

 

①イラストを描く場合はここを選択

 

②単位は㎜がオススメです。印刷した際の大きさがわかりやすいと思います。

③用紙サイズはA4がオススメです。絵を印刷する場合やネットに上げるときは、A4サイズであれば十分です。

④解像度は300から350がオススメです。印刷したときに画質が荒くてギザギザしたりせず、SNSへ上げるにも十分な解像度です。解像度が高いとソフトが重くなるので、どうしてもという場合は解像度を下げると良いと思います。

⑤ここでキャンパスの向きを変更できます。画像では縦長になっていますが、クリックすると横長になります。その時に合わせて変更しましょう。

⑥ここまで問題なければ「OK」をクリックします。


すると、新規用紙が準備できます。

2.レイヤーの説明

 

冒頭で少し描きましたが、レイヤーというのは

絵を描き込む透明なシートのようなものです。

シートごとに絵を描いて、重ねることでイラストができています。

 

ではレイヤーの構造を含めて説明していきます。

 

 

 

 

レイヤーの構造は初期設定では右下に表示されています。

画像の場合ですと、①のレイヤーにオレンジ色の丸を描きました。

そして、②のレイヤーに青色の四角を描きました。

これは

②のレイヤーの方が①のレイヤーより上にあるので、

青色の四角がオレンジ色の丸に重なっています。

 

 

 

 

どういうことかと言うと、重なったレイヤーを上から見ているので、

 

 

上にあるレイヤーは見えるが、下にあるレイヤーは隠れてしまう場合がある、
ということです。

 


ちなみに、描いているときに、「絵が重なってわかりにくい、描きにくい」
という場合には、レイヤーを非表示にすることができます。

①非表示にしたいレイヤーの「目」のマークをクリック
②目を消したレイヤーは非表示になり消える。もう一度目のマークをクリックすると表示されます。

 


さらにもう一つ例ですが、
画像のようにオレンジ一色のレイヤーを作成しました。

 


レイヤーの位置は下の方なので、
背景のように全体がオレンジ色になっています。

 

しかし、オレンジレイヤーを上の方へ移動させると・・・

(レイヤーを選択してドラッグ&ドロップで移動できます。)

 

 


全てオレンジ色になりました。

 


これは、

オレンジ色のレイヤーが一番上にあるため、それより下のレイヤーに描いたものは隠れてしまっている。

ということです。

こういったように、レイヤーの上下で見え方が変わってくるので、注意が必要です。

3.なぜレイヤーを分けて描くの?

 

なぜレイヤーを分けて描くかというと
後から編集や修正がしやすいからです。

 

例えば、

・レイヤーごとで色合い(色調)の調整ができる。
・特定のパーツにだけ描き込めるのでやりやすい。
・髪の毛の形だけ編集してボリュームを出す。

 

なんてことができるため、とても便利です。

 

レイヤーの使い分けは大まかに

・パーツごとに分ける
・色ごとに分ける

などがあります。


例えば、下のイラストの場合、

・線画
・目
・服
・肌
・髪

 

といったようにレイヤーを分けて描いています。

 


ちなみに、髪を描いたレイヤーだけを表示させるとこうなります。
(かつらですね………)

まとめ

 

最後にまとめになりますが

・レイヤーとは、絵を描き込むための透明なシートのようなもの
・レイヤーが何枚も重なってデジタルイラストができている
・下にあるレイヤーは上のレイヤーの絵に隠れてしまう(上下関係に注意)
・レイヤーは色やパーツごとに分けて使うと便利

 


いかかでしたでしょうか。
レイヤーとは何かが伝われば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です