クリップスタジオ

【クリップスタジオ】ベクター消去ができない時の対処方

ベクター消去を使いたいけど使えない。
「交点まで削除」の機能が使いたいけど、
アイコンが灰色になって反応しない。

というお悩みに答えます。

 

先に結論

ベクターレイヤーを使っていない可能性があります。

 

こんにちは、ゆうりです!  Twitter  YouTub

 

ベクター消去を使いたいのに反応しない事ってありませんか?
アイコンが灰色になって選択できなかったり………。

私がイラストを始めた当初は何度もありました汗

 

あとになって気づきましたが、原因は単純で、
ベクターレイヤーではなく、ラスターレイヤーを使っていたからでした。

 

ベクター消去ができない時の対処方

 

そもそもベクター消去とは、消しゴムの機能の1種で、ベクターレイヤーでのみ使えます。

ですから、ベクター消去が使えない場合は、ラスターレイヤーを使っている可能性があります。

使っているレイヤーの種類を確認すること。

 

ベクター消去の設定方法

ベクター消去の設定方法

消しゴムツールを選んで、ベクター消去の項目にチェックを入れます。
これでベクター消去が使えます。

 

特にベクター消去の真ん中のアイコンの「交点まで」
の設定が非常に便利です。

画像の赤線のように消しゴムで消すと、交点部分まで自動で消してくれます。

 

 

注意ベクター消去の項目が灰色の場合、ラスターレイヤーを使っている可能性があります。レイヤーの種類を確認しましょう。

 

 

レイヤーの種類の確認方法

 

ベクターレイヤーの表示には、四角い窓のようなアイコンがついています。
これで確認しましょう。

 

もしラスターレイヤーだった場合は、ベクターレイヤーに変更する方法もあります。
こちらの記事で紹介しています。

 

ベクターレイヤーとラスターレイヤーの違い

 

上記の通り、ベクター消去はベクターレイヤーでしか使えない機能です。

それと同じようにラスターレイヤーでしか使えない機能もあります。

だから、どのレイヤーでどの機能が使えるか見分けるためには、
ベクターとラスターの違いを知っておく必要があります。

 

ベクターレイヤーとラスターレイヤーの違い

ベクターレイヤー
線を描くためのレイヤー
綺麗に線を描く、消す、修正する機能に特化している。

ラスターレイヤ
色を塗るためのレイヤー
色を塗る、色味を調整するなど、塗りに特化している。

これさえ知っておけば大丈夫です!

 

ベクターレイヤーとラスターレイヤーで使える機能

 

補足として、ベクターレイヤーとラスターレイヤーでそれぞれ使える機能を紹介します。

ベクターレイヤー ラスターレイヤー
線修正(ベクター線つまみ、線幅修正など) バケツツール
消しゴムのベクター消去 色相・彩度・明度調整
  フィルター機能(ガウスぼかしなど)
  グラデーションツール

 

まとめ

 

最後にまとめです。

まとめ

・ベクター消去はベクターレイヤーでしか使えない。
つかえない場合はレイヤーの種類をチェック!

・ベクターレイヤーは、線を描くためのレイヤー
綺麗に線を描く、消す、修正する機能に特化している。

・ラスターレイヤーは、色を塗るためのレイヤー
色を塗る、色味を調整するなど、塗りに特化している。

いかかでしたでしょうか?

ベクター消去のほかにも「あれ?使えない!!」という機能があったら、
まずはどちらのレイヤーを使っているかチェックしてみると良いと思います。

以上、ゆうりでした。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です